人気ブログランキング |

呪いとなった

聖書箇所 ガラテヤ3:13

 キリストは、わたしたちのために呪いとなって、わたしたちを律法の呪いから、贖い出してくださった。

 感謝しながら、信仰をもって、人は確信するべきである。
 わたしたちは、この極めて深く甘美な慰め、その教えを受け入れるように命じられているのだ。

 それは、わたしたちにこう語る。
 「キリストは、わたしたちのために、呪いとなられたのだ。英雄になられたのではないし、天才となられたのでもない。神の怒りにまことに触れる、罪人になられたのである。主は、そのために、わたしたちと同じ肉と血をご自分に着せて、人間の罪をその肩に担われたのである。そして、わたしは、すべての人が犯した罪を、わたしの手で犯した、と言われた。そのように、律法に代表されるすべての呪いを、主はご自分のためではなく、わたしたちのために引き受けられたのである」と。

 聞いたか。これが、イエス・キリストの主要な業なのである。
 神の真の罰と怒りを身に受けた方、その方が神の子、救い主なのだ。このお方が神であられるとすれば、神がそのようなものを背負われたのだとすれば、いったい、わたしたち人間が受ける試練や苦悩とは、何なのだろうか。この方は、罪を贖った方として、信じる者相手に、祝福に満ちた、ある交換をなさる。神の子は、わたしたちの罪深い存在を引き受けられ、汚れなく豊かな神の賜物を、信じる人間にお与えになるのである。


by PSALM23-6 | 2020-03-26 17:38 | 日毎のキリスト教道しるべ | Comments(0)
<< 若者の学び場 勝利 >>